作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護者向・速さ(単位あたりの量)(3)

単位あたりの量(続き)

小学生の学習に使われる単位あたりの量としては、「人口密度(人/k㎡)」「収穫度(kg/a、t/ha)」「密度(kg/cm3)」「散布度」「塗布度」などがあります。それぞれの「1あたりの量」を求める練習を重ねて、「単位あたりの量」になじませましょう。その上で、「全体の量」を求める問題、「いくつ分」を求める問題へと進みます。
なお、前回挙げた図では、次のようになります。
taniatari001.png

図は、できるだけ子供自身に描かかせるように、もっていきましょう。

【問題例】



肥料を畑1a(アール)あたり3.7kgまく予定です。肥料は全部で15.17kgあります。何aの畑にまけますか。
taniatari002.png

子供によっては、まず表にまとめさせてから図にした方が分かりやすい場合もあります。

1あたりの量3.7kg
いくつ分
全体の量15.17kg

まず問題を表にまとめて「1あたりの量」「いくつ分」「全体の量」が何なのか確認し、ある程度分かったところで図だけにすればよいでしょう。

問題練習は、この段階ではひねったものに手を出す必要はありません。
(十分な学力があり、中学受験を予定している場合は別です。)
問題集は、基礎的な問題が充実しているものを選びましょう。
例として、フォーラム・Aのものを冊挙げておきます。
(楽天ブックスにリンクしています)
『わかってできる算数プリント(小学6年生)』(税込1,365円)
『基本がわかる計算・文章題プリント(小学6年生)発展版』(税込1000円)

他にもいろいろありますので、興味のある方は、以下のサイトで調べてみてください。
●フォーラム・A

図抜きで、3つの要素どれもが求められるようになったところで、いよいよ「速さ」に移ります。

単位あたりの量…速さ

速さに関する問題で、下のような図を描いて考えている子をよく見かけます。
kihaji.png
それでうまくできればもちろん問題ないのですが、理解抜きにただ機械的に式を立てることになりがちなため、この図を描く子の多くは、いつまでも「速さ」に苦手意識を抱きがちです。遠回りになっても、やはり「単位あたりの量」についてきちんと理解する方が、結局あとで力になります。
(続く)

前へ次へ

20050408142204.jpg




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/80-e4e70d98

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。