FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張とのつきあい方

普段は上手くできるのに、テストで緊張して上がってしまって……
このような悩みを持つ人も、少なくないかと思います。
今回は、このやっかいな「緊張」について考えてみます。

原則としては、
人事を尽して天命を待つ、すなわち、これ以上はできないというくらいの精一杯の努力を重ねた上で、後は運を天にまかせて本番にのぞむ
これに勝る方法はありません。
しかしスポーツと異なり、準備不足で本番をむかえることになるのが勉強の常です。
そこで、効果のありそうな方法をいくつか挙げていきます。

●成功する自分をイメージする

「また失敗するのではないか」と心配ばかりしていると、その時の状態を頭が再現してしまって、本当に失敗することがあります。マイナスの考えに引きずられないよう、テストで良くできた時の情景や気持ちを、頭の中で再現します。
得意科目を作っておくと、これがやりやすくなります。

●腹式呼吸で深呼吸をする

腹式呼吸の代表的な手順は以下のとおりです。

①口から、ゆっくりと息を吐きます。へそから握りこぶし一つ分くらい下のあたりを「丹田」といいますが、ここから全ての息をしぼり出すつもりで、ゆっくりと吐きます。息を吐くにつれて、お腹が徐々にへこむようにします。
②鼻から、ゆっくりと息を吸い込みます。吸い込んだ息を、丹田にため込むつもりで吸います。このとき、肩の力を抜くよう心がけます。
③再び口から息を吐きます。①と同じ要領で、吸ったときよりも、倍くらいの時間をかけるつもりで、ゆっくり、長く吐きます。
④以下、これを何回かくり返します。両手を丹田にあてて行うとよいでしょう。常に丹田を意識するためです。

●普段の勉強で、適度な緊張が生ずるよう工夫する

適度な緊張は、持っている力を十分に引き出す効果があります。日頃から緊張に慣れて、ほどほどのレベルにコントロールするのが狙いです。
計画を立て、時間厳守、目標厳守で勉強する。
制限時間を設けてテスト形式で問題を解き、記録をつける。
勉強する環境を変えてみる。
いろいろ試し、自分に合った方法を見つけてください。

●テストが始まる前に、口の中でよいからテキストを音読する

読むことだけに集中し、心配などの雑念を追い払います。
音読には脳の働きを活発にする効果も期待できますので、一石二鳥を狙います。

くり返しになりますが、ほどほどの緊張はむしろ無くてはならないものです。
本番でしか味わえない緊張感を楽しむくらいの余裕を、普段の努力を裏づけに持ちたいものです。

前へ次へ

line-e003.png




PCスクール検索「スクナビ」は、あなたの希望する条件に合ったパソコンスクールを検索してお知らせする機能です。
1都4県を対象エリアにしたパソコンスクールの豊富な情報の中から様々な要望をインプットして、コンピューターが希望に即したスクールをご紹介する方法と、オペレーターが肉声で案内する方法の2通りの紹介機能から選べます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/74-aa21f22e

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。