FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の子供――暖かい人柄のままで

ここでは、これまで出会った様々な子供たちの姿を紹介します。
何かのヒントにひとつでもなれば、幸いです。
なお、名前は全て実際とは異なります。

今から十七、八年も前、私がN市K区で、あるチェーン展開補習塾の講師をしていたときのことです。
そこに小学4年の時から通っていた相馬美紀(仮名)は、素直で暖かい人柄の子でした。
ただし成績は下の中。当時は5段階の通知表は、毎学期オール2。

5年生になっても、この状態は変わりません。相変わらず良い子で、成績はオール2。
お母さんと面談する時は申し訳ない気持ちでしたが、彼女のお母さんは、

「毎日20分か30分くらい、私が何も言わなくても勉強してますが、成績は変わらないですし、本人も気にしてないみたいですね。元気に明るく育ってくれれば、私はそれで十分です。」

と微笑んでいました。お母さんも子供に負けずのん気で暖かい人柄のようで、都市部ではおそらく少数派だったでしょう。毎日努力するという、その姿勢だけで十分という様子でした。
テストの点が悪くても気にしない。
でも、良い点を取れると、いっしょに喜んでくれる。
そんなお母さんだったようです。

変化は、6年の春あたりから始まりました。
それまで基本的なこともいちいち丁寧に説明しないと分からなかったその子が、そのころから次第にのみこみが速くなっていったのです。

そして1学期終了時。
通知表はいきなりオール4になっていました。
本人は始め、先生が渡す人を間違えたと思ったそうです。
でも、名前を見直すと確かに自分の名前です。
家にとんで帰り、お母さんに見せると、お母さんも大変驚いたそうです。

2学期には、上位グループに混ざっても遜色ない学力になっていました。少しずつ、自分に対して自信もついたようです。

今はもう立派な大人でしょうが、あの暖かい人柄は今もそのままでしょうか。

次へ

line-b001.jpg


1ヶ月おためし無料!プレゼントも!おはなし絵本クラブ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/6-df85ddbe

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。