FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の子供――学問が好き(4)

(前回より続き)
高校2年の1学期頃まで、彼の口癖は
「もうそろそろ家で勉強しないとヤバいなあ」
でした。
歴史や素粒子論等は、彼にとってはあくまで趣味であり、頑張る、努力するという言葉で語られる「勉強」とは別物だったのでしょう。

その彼も医大受験はさすがに勝手が違ったようで、現役合格はかないませんでした。
予備校に通いつつ再度挑戦することになったのですが、センター試験の社会(当時は必要でした)対策として、得意の(というより、専門分野に近い)日本史ではなく、世界史を彼は選択しました。

理由はいくつかあったようです。

その1。入試を機会に世界史もしっかり勉強し、歴史の知識を深めたい。
その2。教科書の記述は最新の研究では否定されていることが載っていたり、間違った記述があったりで、まともに取り組む気になれない。参考書もほとんど問題外。

例えば、武士の発生や鎌倉幕府成立の年、鉄砲の伝来など、教科書の記述と異なる説は数知れず存在します。その中で、謝っている可能性が高かったり、粗雑に過ぎる定義などをひとつだけ暗記しなければならないのは、歴史にのめり込んだ者としては、我慢できなかったらしいのです。仕方なく取り組む「勉強」ではなく、趣味であっただけに、妥協はできなかったのでしょう。
そもかく、自分の知の世界を深めることに、たいへん貪欲かつ真摯な人でした。

結局彼は、一浪でK医科大学に進学しました。
今は東京で内科の研修医として働いていますが、彼ならきっと、患者の身になって治療する医者になっていることでしょう。

前へ次へ

line-b002.jpg





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/57-2d9fc01a

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。