FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長文をくり返し音読

英文の勉強で、音読は大きな意味を持っています。

黙読だけだと、つい、あちこち目を動かしながらゆっくり読みがちです。
それでは、多くの英文を読むのに必要な速読力が身につきません。

また、記憶の原則に「多くの感覚を使う」というのがあります。
英文を音読することで、「見る」「話す」「聞く」と多くの刺激を脳が受け、よりその英文をものにしやすくなります。

川島隆太氏(東北大学教授)の研究によると、簡単な計算をしているときと、音読をしているときに、最も脳が活発に活動するとのことです。しかもこの2つだけは、やる気に影響されないのだそうです。音読によって英文を身につけるだけでなく、脳の働きを盛んにする効果も期待できます。

前回までに述べたような方法で英文の内容が理解できたら、くり返し音読します。
『「超」勉強法』(講談社文庫)の野口悠紀雄氏は20回以上、岡田成文氏(翻訳家、通訳者他)は最低でも100回以上の音読を薦めています。
少なくとも、3回や4回程度では問題外でしょう。

読みながら、その英文の描くイメージを脳裏に描くよう努めてください。
日本語に直さなくても、英文を読みながら同時に意味が理解出来る、つまり普段日本語の読書でやっていることに近いレベルで読めるようになるのが目標です。100回も読めば、おそらく誰でもそうなっていると思いますが。

何を音読するかについて、野口悠紀雄氏は大統領演説等の「名文」を、岡田成文氏は自分の力で容易に理解できる良質な英文を薦めています。戯曲を推す人もいますが、自分の興味の持てることを書いてある英文でかまわないでしょう。高校生なら、教科書プラス長文読解の問題集(例:『毎年出る頻出英語長文 改訂版』松村洋著 日栄社)というのが実際的でしょうが、雑誌やペーパーバック等、できるだけ生の英語にも接しておきたいものです。

前へ次へ

20050408142204.jpg

----就活・学校と両立するTOEIC対策----
就活と両立!自宅で完璧なTOEIC対策

1日当たり105円のネット講座

ダイヤモンド社の『スーパー英語』

まずは30分無料体験!
----------------------------------


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/33-1796bd5f

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。