FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文は日本語抜きで左から右へ

大学受験生はもちろん、英会話を身に付けたい者にとっても、中身のあることを話そうと思えば、長文を読む力は欠かせません。教養を読書抜きに身に付けるのは困難だからです。
今回は、英文を読むことについて考えていきます。

大量の英文を速く読むには、日本語に訳さず、英語を英語のまま理解するよう、努めなければなりません。

My house in Japan has solar panels on the roof which heat water.

この英文を日本語に直すと、例えば次のようになります。

「日本の私の家には、水を温めるソーラー・パネルが屋根にあります。」

この時、英語を次のように行きつ戻りつ読むことになります。

20050401225413.png

まるで漢文を読むがごとくですが、これではスピードも落ちますし、まともに英文を読んでいるとはいえません。
私たちは、日本語を別の言語に訳しつつ理解しているわけではありません。
英語も同様で、日本語に直さず、英文を目が行きつ戻りつせず、左から右へ順に読む、これが文章を読む原則です。

教室では、日本語に訳す以外に、先生が生徒の理解度を細かくつかむ方法がありません。
しかし、やはり翻訳というのは特殊な技術でもあります。入試に英文和訳がある以上この練習も必要ですが、長文を速く読む力をつけるには、まず左から右へ順に読んで、目をもどさず理解しなければなりません。

例えば上の英文なら、次のようになるでしょう。

「私の家、日本にある、は、持っている、ソーラー・パネルを、屋根の上に、(どういうソーラー・パネルかというと)温める、水を」

実際には、My house は My house のまま、情景を思い浮かべつつ読んでいくわけです。

大変そうですが、例えば Lucu has a pretty bag. くらいの文なら、中学生でも、日本語に直さずに、Lucyなる女性が綺麗なバッグを手にしている情景を直接想像することができるでしょう。この読み方を、もっと高度な文にまで、順にあてはめてください。
慣れると、英語が今よりもう少し楽しくなるはずです。

前へ次へ

20050408142207.jpg


新発見の連続!!アメリカの参考書★大人も楽しめて、ためになる!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/26-c2b9e786

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。