FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の子供――丸ごと書き写し法

小4のころから塾に来ていた川口洋輔君は、当時、テストで0点に近い点を取っても、
「どうしてテストの点が悪いといけないの?」
と首をひねり、親を慌てさせるような子でした。

中学生になってからは結構真面目に勉強するようになりましたが、成績は良いとはいえませんでした。高校進学では工業化を選びました。

高3になり、彼はマーシャラー(飛行機の誘導員)を目指すことに決めました。そのころ、勉強法の話が出たときに、彼はこのようなことを言っていました。

俺は頭が悪いから、ノートまとめが良いと言われても、どうやったらよいか分からない。無理にやっても、時間がかかり過ぎてテストに間に合わない。

だから、どの科目でも、とにかく教科書をノートに書き写すことにしている。まとめるとか重要なところを抜き出すとかじゃなくて、もうそのまま、何回も。これなら俺の頭でも出来るし、まさか全く何も記憶に残らないことは無い。俺みたいに、どうやって勉強したら分からない者は、とりあえずこうやったらいいんじゃないか。

私たちはこの方法を「写経」と呼んでいましたが、案外このやり方の核心をついていたかもしれません。昔多くの人が書物を書き写して勉強したのは、もちろん印刷が普及するまでは書物の入手が容易ではなかったからですが、丸ごと書き写すことで、著者の考え方などもより把握できたことでしょう。

また、この書き写し法が、人からこうしろと言われた方法でなく、たとえ稚拙でも洋輔君自身が考え出した方法であったからこそ、彼にとってより効果があったのでしょう。

有名大学に合格した人の勉強法サイトは多く見かけますが、世の中は、華やかな成果を上げた人だけで成り立っているわけではありません。地味に頑張っている人の話から得られるものも、少なくないのです。

前へ次へ

line-b004.jpg


「イーヘルパー」は、農業、酪農業専門の求人サイトです。応募率100%継続中! リーズナブルな料金で求人広告を出せます。

line-b004.jpg

学校・教育全般 - 学校・教育


実用新案を取得のノートとテキストを使用

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/24-94b829d5

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。