FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずのまとめ

これまでに出会ったたくさんの子供達の中から、特に印象の強かった16人を取り上げました。
もちろん他の子達の中にも、彼ら・彼女らに引けを取らぬ個性派もいましたし、出会ったそれぞれの子供に、かけがえの無い想い出(良い意味でも、悪い意味でも)が存在しています。
ですが、現在通っている子まで話が及んだところで、ひとまずこれで区切りといたします。
いつとはお約束できませんが、いずれまた「記憶の函の子供たち 第2部」を、今度は形を変えて始めるかもしれません。

特に強く記憶に残った子供達を取り上げてきたため、個性の強い子供ばかりを語る結果となりました。しかし、個性派だから値打ちがあり、平凡だから価値が無いなどということは、もちろんありません。平凡であろうがなからうが、今するべきことに誠実に取り組んだ者こそ尊いのですし、悔いの残る時間を過ごしてしまったとしても、それぞれの中に物語は存在します。

子供についてもっともらしく語る者は多いのですが、目の輝きがどうだの、最近の子供はナントカ脳がどうだのと、科学的な根拠を示せと言いたくなるような拙劣な論を立てる前に、まず一人一人を具体的に見つめ、その声に耳を傾けて欲しい、これが私の最も言いたいことでした。
「子供」とひとくくりにして、分かった気にならないでほしい。
拙文では、このことをうまく伝えられなかったことが、心残りです。

また、一介の塾経営者として、上記のことと同時に、できる限り学力向上のヒントも入れたつもりです。「子供」について語るにしても、成績アップの方法を探すにしても、ヒントは、案外身近な者の姿にあるのかもしれません。

最後に、仮名の一部が芸能人等の有名人の名前と一致する場合があるかもしれませんが、私はよほど名の知られた方以外そのような方面には全く疎く、全て偶然の一致にすぎません。特に不都合のある場合は変更しますが、現存する名前を完全に避けることはまず不可能ですので、その点はご容赦願います。

前へ次へ

line-b004.jpg

さぬきうどん学校参加者募集



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malum.blog5.fc2.com/tb.php/100-e1bc8e8f

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。