FC2ブログ
作文添削教室 相互リンク集 相互リンク集2 相互リンク簡便版 掲示板 雑文 購買部 メ-ル

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校算数の文章題(1)

計算はできるけど、文章題が苦手――小学生の親のうち少なからぬ方が、我が子についてこう感じているのではないでしょうか。実際、塾でも文章題になると「分からない」と訴える子が多いのですが、まずこれは2つのタイプに分けられます。

第1に、本人に丁寧に音読させたり、こちらがゆっくりとメリハリを付けて読めば、「分かった」と言って解き始めるタイプ
面倒くさいからきちんと問題文を読もうとせず、教えてもらってすまそうというだけかもしれませんし、音読したり聞くことで脳の働きが活発になり、今まで分からなかったところに光明がさしたのかもしれません。いずれにせよ次のようにすれば、さほど時間がかからずに自分で立式できるでしょう。

・まず声に出してゆっくり読ませる。
・それでもよく分からなければ、ノートに問題を書き写させる。
・なお分からない場合、問題に書かれていることをひとつひとつ確認する。
  例:「子供は全部で何人ですか?」「ひとり何円持ってくるのですか?」等

第2に、本当にどういう式を立てればよいか分からないタイプ
この場合、原因として次のようなことが考えられます。

(ア)読解力不足で、問題の意味が読み取れない。
(イ)加減乗除が何を求めるものかを理解していない。
(ウ)「面積」「割合」など、問題に関係する単元が分からないままになっている。
(エ)問題が、多くの子にとって不適切。
(オ)その他の原因。



(ア)読解力不足で、問題の意味が読み取れない。

この場合は国語の力を本読みなどでつけなければなりませんが、算数の文章題で要求される読解力は、そんなに多彩なものではありません。また、国語とちがって算数の文は、式を立てるために用意され、操作の対象となる文ですので、ある程度読書力があれば算数の文も上手く扱えるとは限りません。やはり算数の文章は、算数の中で読み取る力をつける必要があります。
問題が読み取れているか確認するために、上でのべたように、何がどうしたのか、ひとつひとつ質問してください。
それとあわせて、実物や絵、図を見せながら、できるだけ実際に演じて(演じさせて)、言わんとするところを、本人に把握させるようにしてみましょう。

何がどうしたのかがひととおり分かったのに、なお立式できない場合は、原因は(イ)~(オ)にあります。

(続く)

前へ次へ
20050408142204.jpg


フォトペタ![CD]

家族やペットの写真、お気に入りの風景、今日の食事。日常の何気ない1コマを、デジカメなら気軽に楽しく撮影できます。
でも、せっかく撮った写真もハードディスクやCD-R等にたまっていくばかり、という方も多いのではないでしょうか。
「フォトペタ!」は、撮りためたデジカメ写真を簡単にシールやカードにして「活用する楽しみ」を提案する新製品です。
家族で写真シールを作ったり、友達にあげたりして、コミュニケーションの輪を広げましょう。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

まなびの函 作文添削教室
小学生から社会人まで、当ブログの管理者丸夢が丁寧に添削指導。ただ今「お試し添削」実施中。

目 次

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

丸夢

丸夢

塾暦20余年。
現在、某県の片すみで
小さな学習塾を運営中。
丸夢へのメール

カテゴリー別記事一覧


各月の記事一覧

楽天ブックス
楽天ブックスで
あなたの欲しい本を探そう!

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。